物語の戦闘マシーンについての話などをします

主人公たちは、その周辺を見渡すと、あちこちに、戦闘マシーンが、配置されている部屋の中と、直面します。メンバーのうちの1人が、それにしても、ずいぶんと戦闘マシーンがたくさん配置されてるよな、すべて倒さなきゃいけないのかな、などの話もあります。それについて気分の問題で、どうせなら、すべてを倒し、先に進むと、よりすっきりするというのもあります。だけど、すべてのマシーンを倒さなければ、先に進めないなどの、特にこれといった義務付けのようなものはありません。極端な話をするのなら、1機も、倒さずに、外に出たりとかだと、不味いというのがあります。その先に、すすめなくなってしまうというのがあります。それは、そのエリアの入り口付近に、人が出入りした情報を、カウントする機械が、設置されていることで、扉を開けておきながら、1機も倒さずに、外に出てしまうと、それに対し先の扉が、開かないシステムが、施されているのです。