唇に歯磨き粉の白いあとが付いたまま出かけるのって…

高校時代のクラスメートに

「歯磨き粉」というあだ名の人がいました。

入学して間もない頃に、

その名の通り「歯磨き」を唇に白く残したまま

学校に来てしまったのが発端です。

私も、結構慌てて家を飛び出すことが多いのですが、

歯磨きって家を出る直前にやることが多いので

唇にすら?っと白い線が残っていることも多々。

いい大人になって恥ずかしい。

今日も家を飛び出してきましたので、

電車に駆け込んでからスマホの画面で歯磨き粉チェック。

ちょっと残ってました。

こうゆうことは、

家を出る前に確認して来るべきですが。

頭でわかっていても、

電車に乗ってから確認する私。

ゆとりを持って生活したいです。

皆さんは「歯磨き粉」うっかり残したまま

出かけてしまったことはありませんか?

また、「歯磨き粉」を残したまま出勤してくる人を

見たことはありませんか?

「歯磨き粉付いてるよ」って注意できていますか?

言いにくいですしね。

身だしなみ、気をつけましょうね!脱毛 鼻下

「ハッピーバースデイ」を読んで自分の旨味を知った

青木和雄教員、吉富多美さん二人三脚の「幸運バースデイ」は読んだ後者、あたしという有を見つめ、そのプラス、尊さを強く知れるテキストだ。ヒロインのあすかは親子の誰からも愛されず、殊更夫人を必要とする思春期にその夫人から「うまなきゃよかった」と言われ、感想を失います。話すことも感想をあげて泣くこともできなくなったあすかの心の人泣かせを知った兄があすかを夫人ヒューマンの祖父母の元へ行くように勧めます。無条件にあすかを盛り込み、かわいがりて受け取る祖父母の元でいつの間にかあすかの傷ついた内的も癒され、失った感想も元通りになります。祖父母の奥深い情愛をもらい、大自然の財貨を感じながら、ひとりでにあすかはあたしという有は誰かにどうしてかされてよろしいものではない、あすかはあすかの物質と見受けるようになり、自分自身への自信さえ感じ取れるようになります。日程は過ぎ行き、愛する祖父母と分かれ、あすかは夫人との確執は残る通り再度親子の元へ帰っていきます。しかしあすかは自分だけが不幸なわけではない、夫人もまた自力の子どもとして苦しい時間を歩んできたことを理解し、夫人に接し、また周辺を含め、まわりの人たちとの縁故を深めていきます。少数11年代のギャルがその内的が壊れてしまいそうなほどのかなしい気力、声に出せないほどの人泣かせを背負いながらも人が人として掛かるその有プラスを分かり、立ち上がって出向くルックスはちっとも自分の職場のように感じながら、涙無しには読み続けられません。最後に夫人が自身を見つめ、あすかの人泣かせをOKときのあすかの微笑はテキストのなかとはいえ、はなはだ近年目の前であすかがつくづく笑ってあるルックスを見ているような意思さえしてきます。読み終えた後者、無意識のうちに「幸運バースデイあすか、幸運バースデイあたし」と口ずさんである自分がいました。そしてあすかと同じように「あたしはあたし。生まれてきていいんだ。生まれてきて良かった。」と心にきつくそれほど感じました。もしあたしという有にそのプラスを見いだせなくなることがあるならば、ぜひともこういうテキストをよむことをお奨めします。読み終わった時間、自身に対してマジ「幸運バースデイ」と言いたく繋がるあたしを解ることができます。http://www.mizarllc.co/