期間を気にする早朝、裏付け片手落ちで車内はドキンドキン

同棲やる彼女が元居た我が家を退居やる工程に行くと思って、ターミナルまで送りに行きました。
朝起きて、いつにうちを来るのか確認してリザーブ。
車種に乗って出発したのですが
彼女「あれ?いつもの道じゃないの?」
我々「いつもの道だよ」
常にターミナルに見せる時とおんなじ道筋なのになぜ訊くんだろう?
前にも、何回か通った道筋なのに覚えてない現象あったなぁ。まったく道筋を覚えてないからかな。と思っていました。
彼女「あと何分で付く?」
我々「3分ぐらいで付くよ。」
彼女「間にあうかなぁ・・・」
我々「そっちがこういう時間にでてって言ったんだよ?」
しかし、今回彼女は現職でした。
退居の手続きは翌日。
ここさらに、健康進歩のために現職をやめて休んでいる我々。
今日は何日か忘れていて、一日不一致なのに気づいて直ちに方向スウィッチ。
猛スピードで勤め先に!
寸前間に合ったのですが、こんな事態になってしまうとは・・・。
彼女の人間は「今まで勤め先に車種で送ってくれた現象ないのに。今日は何故送ってくれるのだろう」と思っていたらしいです。
ターミナルまで歩くと30分鳴るので、送ってあげようと親切心を出しただけなのに逆インパクトでした。
朝から現職に間にあうか心臓がドキドキ!一層確認しとくべきでした。屋根リフォーム 単価