地球フォーム惑星などについて習得をしていました

惑星などについて実習しました。金星のエアは二酸化炭素を主成分とし、気圧は地球の約90倍に及びます。また、金星の雲は濃硫酸でできてある。金星は地球よりお天道様にほど近いことと、エアや雲による強烈な温室反響の結果、一般の気温は460℃にも達します。水星の一般は、クレーターや崖が見られます。火星は、自転転回や自転メインの傾きが地球と似てあり、時節の予約があります。火星には二酸化炭素を主成分と講じるエアがありますが、そのボリュームは短く大気圧は地球の約170分の1にすぎません。火星一般にはクレーターの以外、巨大な火山や峡谷が存在し、過去には水が流れていたと窺える河川の跡も見られます。また、2004時の火星研究車種オポチュニティーによる研究では、水が存在した岩石学的証拠も見つかりました。木星は太陽系最大の惑星で、半径は地球半径の11.ダブル、質量は地球の318ダブルだ。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。