TBSドラマ「ごめん、愛してる」はフラストレーションが溜まります(笑)

昨日のTBSドラマ「ごめん、愛してる」はすごくフラストレーションの溜まる展開でした。
折角,凛華が律に対する自分の気持ちに気付いたのに,サトルが婚約者の塔子に振られて自暴自棄になって車を運転中に事故を起こし,命を落とすかもしれない事態になった事で,凛華はまたサトルの元に戻らざるを得ない状況になったのです。
サトルには心臓の持病があり容態が急変すれば今度こそ命を失う可能性が高く,自分の余命が短い律が本当は血の繋がったサトルに心臓を提供する展開が見えるのですが,来週以降にまた予想以上のストーリーが待っているのかもしれません。
サトルという息子を溺愛する麗子と塔子に振られてすぐに凛華に告白してすがってくるサトルには少し呆れてしまうところもありますが,ドラマの世界と思えばOKです(笑)
麗子はサトルのためには凛華の気持ちや人生を束縛しようとし,律にはサトルのためには命を投げ出せという本当に自分勝手な女性ですが,演じている大竹しのぶさんは舞台中心のダイナミックな女優さんなので,もう少し感情の機微を表現出来る女優さんだと伝わるものが違うのかもしれませんね。

東京のオススメのスイーツの、お店を紹介します。

東京のオススメの飲食店を紹介します。
浅草にある、金龍山(きんりゅうざん)というお店は、歴史のあるお店だそうです。
揚げまんじゅうという商品が美味しく、値段は、6個(800円位だったと思います。)は、ゴマ油で、揚げたまんじゅうで、サクサクした
食感で、美味しい、お菓子でした。
また、同じく、浅草にある、木村家というお店は、人形焼きのお店で、こちらも歴史のあるお店だそうです。鳩や雷様、五重塔、提灯などの人形焼があり、賞味期限は、1週間ほど大丈夫だそうなので、お土産にもよさそうな商品でした。また、餡入りと、餡なしも選択でき、お店で、作っているので、出来立てをいただく事ができます。出来立ては、香ばしく、餡入りは、程よい甘みで、美味しいです。
また、浅草にある、亀十(かめじゅう)というお店は、どら焼きの美味しいお店で、餡は、黒餡と白餡を選択でき、どちらも優しい甘みで、皮がしっとりしており、美味しい、
どら焼きでした。値段は、315円ほどだったと思います。

商品でした。